FC2ブログ

プロフィール

夕空

Author:夕空
性別 :男性
趣味 :ボーリング、魚釣り、ゲーム、読書(まんが・ライトノベル・小説)・カラオケ・絵を描くこと・料理・ギター・ロードバイク・ボルダリング、テニス・スポーツクラブ

【現在の趣味内訳】(2018/07/21 更新)
ボーリング    ☆☆☆☆☆
スポーツクラブ  ★★★★★
魚釣り      ★☆☆☆☆
ゲーム      ☆☆☆☆☆
読書       ★★★★★
カラオケ     ★☆☆☆☆
お絵かき     ★☆☆☆☆
料理       ★★★☆☆
ギター      ★★☆☆☆
ボルダリング   ☆☆☆☆☆
ロードバイク   ★☆☆☆☆
テニス      ★☆☆☆☆

年齢:29歳
血液型:A
職業 :会社員

コメントは大歓迎です。気軽にしてみてください。
コメントした記事で必ず返信しますので、コメントした方は返信を見に戻って来てください。

リンク、相互リンク、大歓迎です。
相互リンクのときはコメントに書き込んでくれば追加しますのでー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

面白いと思ったらぽちっとお願いしますね

日本ブログ村 ランキング

恋愛ブログ

日本ブログ村 ランキング

料理ブログ

日本ブログ村 ランキング

20代サラリーマンブログ

ツイッター

Twitterやってます。 興味があったらフォロー押してみてくださいw

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ご意見、質問、ご感想、こんな絵描いて~、その他コメントでは書けないことなど、なんでもいいです^-^b

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての峠アタック

 こんばんは

 ロードバイク熱が高まってきたこの頃、多少のウェア、バッグも徐々にですが集まってきました。

 毎月少しずつそろえて行っています。

 となれば、欲しくなるのは仲間、現在、過疎化しているSNSを使って友達集めや交流をしています。

 そこで知り合った人と、走りに行くことになりまして、「どこか行ってみたいところあります?」と聞かれたので「ヤビツ峠」と答えました。

 ヤビツ峠は神奈川県の秦野市にある峠道のことです。詳しくはwikiを参照していただきたいのですが、一般的な上り坂ではなく山に作られた道路を自転車で登るということです。

  周りは木、人や車は少なく、自然に囲まれたところです。

 ちなみに自分の家からはそんなにかからないんですよ。国道246を走れば思ったよりもかからないで着きますからね。まあ、それでも一時間以上は走りますが、行けない距離でないということだけ言っておきましょう!

 やはり、自転車漫画に必ずと言っていいほど出てくるヒルクライム。楽しそうに走る「弱虫ペダル」真波や坂道、辛いが登り切った後の爽快感や充実感が見られる「のりりん」。しかも、のりりんでは実際にヤビツ峠が作中に出てきますからね。

 峠を自転車で上るというのはどんなもんか味わってみたくなり、自転車を復活させて2回目のポタリングでヤビツ峠初アタックを計画しました。

 できるだけウェアを揃え、もしもの時のための補給職をバッグに詰めて出発!

 一緒に行ってくれる友達(会ったことはない)とは途中の駅で待ち合わせ、ヤビツ峠を目指す!

 峠の出発地点の交差点を通り過ぎ、一回目の信号にあるコンビニで補給and休憩。

 この後にはバス停のところにある自販機でしか補給ができないようなので、一応、どら焼きを買って食べることにしました。

 というか、自分、ここに来るまでに足がかなりきつい状態にありました・・・orz

 むしろ、「今来た道が峠道じゃないの?うそでしょ?」って思っていましたw

 そして、昼の12:00になったあたりでヤビツ峠初アタックスタート

 とりあえず、自分のペースでのろのろ進む、一緒に来たYさんはとても速く、「この坂でなぜあんなに漕げるの?」って感じでした。

 自分があまりにも遅くて、先に走っては戻りの繰り返しをさせてしまい申し訳なかったです。

 必死にペダル漕いで、最後の補給ポイントである自動販売機やトイレがあるところに到着。

 Yさんいわく、「これ以降は本当に補給できるところがないので、トイレや飲み物を準備した方が良いですよ」とのこと。

 なるべく泊まりたくはなかったのですが、ひとまず、足を着き考えることに

 飲み物は8割ある・・・補給食はさっき食べた・・・トイレは大丈夫だろう・・・

 ということで、登り再始動!!

 Yさんによると早い人は頂上まで40分を切るんだそうです。初心者は1時間くらいだそうで、おそらく自分は1時間以上だな~、それ以前に足をつかずに頂上まで行けるかわからないですw

 すでに途中からスタートしてるようなものだし・・・

 だって、一番軽いギアなのにペダルがすごく重いんですもんw

 しかも停まることもできず、漕ぎ続けるなんて・・・「なんで自分こんなきついことしてるんだろ?」とか本当に自問自答しました。

 「のりりん」でもありましたが、本当に漫画で出てくるようなことを考えるんですよ。

 「お、だんだん慣れてきたかも!」とか思ってダンシング(立ち漕ぎ)をしようとしたら足が持ち上がらないほど張っていて「今のウソ、無理無理」とか思ったり、自分は限界のスピードでのろのろ走ってるのに、後ろからすごいスピードで抜かれて、すぐに視界から消えてしまう人が大勢いたりなど、「のりりん」は本当にリアルな自転車漫画だなーと感心しました。

 途中、急な坂が何回も訪れ、その度に「もう無理だ」と思いながらも、自分で楽なダンシング方法を見つけ、適宜それを使いながら乗り切り、カーブを抜けるごとにまだ道があることに絶望したり、傾斜がきつくなった道を見た瞬間絶望したり、逆に傾斜がゆるくて喜んだり

 本当に一喜一憂してましたね。

 漕ぎながら、水分補給するのもとても難しいですが、飲んだ後はちょっと漕ぎやすくなったりなどの人体の神秘も味わいましたw

 途中の開けた場所から見える景色は疲れと辛さを吹き飛ばしてくれるくらいインパクトがありました。

 何とか自分に「登れ~登れ~」と言い聞かせながらひたすらに漕いでいき、ようやく頂上に到着した時は、本当にフラフラでした。

 自転車から降りて地面に腰掛けるときは、膝カックンがクリティカルHITしたときのようにストンと落ちましたねw

 しかし、自分で登って、良くブログやなんかで見る看板を見た時は、言葉にできないくらいの満足感、達成感がありましたね。

 なぜかまた登ろう、今度はもっと早く登れるように頑張ろうと思ったりしました。

 不思議ですね。

 DSC_0474.jpg

 いつもブログなんかで見ていた看板と愛車の写真を自分でも撮っていると、自分も仲間になった気がして嬉しいですね。

 ちなみに自分は自販機があるところから頂上まで1時間10分かかりました。正直かなり遅いです。

 でも、中途半端な位置からのスタートでしたが、どんなにつらくても足をつかずに頂上まで行けたことは、自分をほめてやりたいくらいなので、最初はこんなものでいいのだと思います。

 しばらく、一人で休憩していると、もう一人の知り合いMさん(初めて会いましたw)登場、そして少し待ってYさん到着。

 じつはYさん、自分が3分の2くらい登ったところで、一度スタート地点に戻り登り直していました(余裕すぎて凄いですよね)

 3人集まったところで再度写真を撮り、挨拶をしてから下ることに

 通称、裏ヤビツと呼ばれるところで、どうやらレストランがあるみたい

 3人でそこでランチです。

 たどり着くには多少、峠を下らなくてはならず、初めてのヒルクライムとセットでやってくる初めてのダウンヒルに挑戦です。

 いやー、正直言って下り怖すぎです。

 スピードがどんどん出てくるのにカーブがある・・・減速しないと曲がれないし、ハンドルを曲げすぎると滑る・・・

 二人にアドバイスを聞きながら、なんとかレストランに到着

 名前は「気まぐれ青山荘」自分のブログタイトルにも合っている良い感じの名前です

 DSC_0476.jpg

 IMG_0395.jpg

 IMG_0396.jpg



 食べたのはカレーライス、コーヒー付1000円

 カレーは豆カレーでしたね。美味しかったです^^

 Mさんが食べていたケーキセット500円もなかなか美味しそうでしたw次はそっちを狙います!

 お店の人も面白くていい人でしたし、また行きたいと思いました。

 しかし、順調すぎる初ヤビツ、そう順調に入ってくれないようで、雨が降り始めました。

 徐々に雨は強くなり、しまいには雹まで降ってきました。

 食事は終わっていましたが、しばらく雨宿りさせてもらい、雨が小降りになったところで店を出ることに。

 自転車はびしょびしょですね~

 そして濡れた路面に大きな水たまり、そんな峠の道を下る(初めてのダウンヒル)

 ああ、今日はケガをする日かもな~

 なんて思いました。

 恐る恐る下っていくと、徐々に慣れてきたみたいで、スピードを出す余裕も出てきました。

 本質ではスピードを出したい派のようで、できる限り早いスピードで曲がるように頑張りました。

 まあ、怖いもんは怖いですがねw

 まあ、なんとか峠道を抜け、宮ヶ瀬湖を通り国道を走って家に着きました。

 途中、3人で短いスプリント勝負(短距離走のようなもの)をしたり、普通に楽しみましたw

 自転車は泥だらけでしたけどね^^

 スプリント勝負の結果は分かり切っていますが、ビリでした。そもそも、自分に脚は残っておらず、残っていても全然勝負にならずで、orz状態ですw

 今回の総走行距離は約80km、歴代最長の距離ですw記録更新ですね。

 この距離なら実家にも自転車で帰れるので、もう少し暖かくなったら東京の実家へ毎週帰るというトレーニングもできそうです!

 初めての峠道、ヒルクライムにダウンヒル、雨のダウンヒルもおまけで経験、雨上りの綺麗な空を眺めたり、仲間で初めて走ったり、途中のランチやお遊びのスプリント勝負

 少し遠くへ、仲間と一緒に行っただけで、一度に色々な経験ができました。

 これからも、色んな人と自転車で走りたいと思います。

 再来週は、違う人たちと桜を見に行きますので、そっちも楽しみたいと思います!

 あ、あと、峠の頂上はとても寒かったです。

 ウィンドブレーカーとカッパは欲しいなと思いましたw

 はやく温かくなって欲しいな~

 以上、初めてのヤビツ峠レポートでした!
 
スポンサーサイト

<< テニスは楽しい | ホーム | 復活!! >>


コメント

80kmに峠か〜すごいね
それだけ体力あれば、テントと寝袋担いでチャリ旅できるよ!

>蒼さん

峠を登ったときは、生まれたての小鹿みたいでしたけどねw
チャリ旅ですか、いつかやってみたいですねw

どうやら、2、3日ずっと走る自転車レースがあるみたいですね。
今はのんびりトレーニングして、体を鍛えておきます。いつかそういうイベントに出れるように^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。